広告

MOS検定(2010・2013・2016)

 Word/Excel/Powerpoint 

MOS検定 試験概要

企業・大学等でも有利です

Word、Excel、PowerPointなどのアプリケーションが使えると言っても、どれだけ使いこなせるかというとらえ方は人それぞれですが、 Microsoft Office Specialistは実務に即したPCスキルの証明ができるIT資格として受験者は年々急増しており、Windowsの普及とともに採用する企業も増えてきています。 最近では、企業での研修・教育の一環としての活用に加え、学生の就職活動など競争の激しい求人市場において、就職や転職に有益な資格として評価されています

マイクロソフトのOffice製品はそのバージョンごとに新しい機能が追加されたり、改良されたりしています。 Microsoft Office Specialistではバージョンが違う場合、同じ『Word』などのソフトであっても、 それぞれ別の科目されており、それぞれ1科目ごとの認定資格となっています。 (資格のバージョンアップや更新制度はありません)
試験科目は個々に独立していますので、最初からエキスパートレベルの受験も可能です。 Microsoft Officeのアプリケーションソフトを使って、要求された作業をどれだけ確実に行えるかを判定します。 試験の形式はすべて実技試験で、筆記試験は一切ありません。試験会場に用意されたWindowsマシンを使って、与えられた課題にひとつひとつ取り組んでいきます。

試験会場(MOS認定校)
  町田駅前教室・橋本教室